新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー業界の動向・トレンドニュース » 京都のタクシー運転手のためのグルメガイドマップ

京都のタクシー運転手のためのグルメガイドマップ

京都にはたくさんのグルメスポットがあり、それを目当てに多くの観光客が訪れています。ここでは、タクシー運転手として把握しておきたい人気の飲食店をエリアごとにピックアップ。お店の特徴やメニュー、おすすめのシーズンについて詳しく紹介しています。

洛北エリア(大原・貴船・鞍馬・下鴨・修学院・鷹峯など)

貴船 右源太

夏の風物詩として知られる貴船の川床は、川のせせらぎをバックに川床料理を堪能できる京都名物。その中でも伝統的な川床料理を出すことで知られる「貴船 右源太」は、貴船の名物店です。広々と設置された座敷にテーブルが並び、夜は天井に下げられた提灯が最高の雰囲気をかもしだしてくれます。人気メニューは、クセがなく食べやすい鮎料理と極細なのにコシがあるそうめん。京都市内との気温差がマイナス10度になることもあるため、ご年配の方や寒がりな方は上着があると便利です。

ひろ文

川床料理を楽しめる「ひろ文」は、貴船神社のすぐ隣に位置するお店。滝のような迫力のある川の流れを眺めながら、鮎や鱧、旬の京野菜など、本格的な川床料理を満喫できます。コース料理は8,000円から選ぶことができますが、リーズナブルな流しそうめんも人気メニュー。予約ができないため、長蛇の列に並ぶ確率が高いですが、いざ店内に入れば大人も子どもも一緒になって楽しめます。

手まり寿司、花梓侘(かしわい)

花梓侘の人気メニューは、若筍やまぐろのヅケ、生湯葉など、京都の食材をまんべんなく楽しめる「つまみ寿司」。まるで和菓子のように芸術的な見た目で、食べるのを躊躇してしまいそうなくらい可愛らしい手まり寿司です。10貫・15貫・20貫のラインナップがありますが、1人前なら15貫を選ぶのがオススメ。イートイン・お持ち帰り、どちらにも対応しています。

ふじや

料理旅館「ふじや」は貴船神社のすぐ隣に位置する、数ある川床の中でも歴史ある老舗の旅館です。川床料理は6月ごろから始まり、冬は厳選したどんこ猪をしゃぶしゃぶで頂けるぼたん鍋を堪能できます。ふじやに宿泊すれば、川床で朝食をとれるのも魅力です。ふじやの鮎は1週間ほどいけすに入れられクセを消してから調理されるため、川魚が苦手な方でも食べやすいと評判。コースは9,000円からと少々お高めですが、本格的な川床料理を満喫できます。

洛中エリア(河原町・烏丸・高雄など)

アルファ フード&ドリンク

黄色い入り口が目印の「アルファ フード&ドリンク」は、コーヒーに砂糖ではなく綿菓子を溶かして飲む一風変わったカフェ。ドリンクに綿菓子を入れるのではなく、飲み物からでる蒸気で綿菓子を少しずつ溶かしていくという、ユニークな仕掛けです。お店は二条通沿いにあり、阪急湯河原町駅から徒歩で行くこともできます。綿菓子を使ったドリンクメニューには「雲下ココア」や「雲下抹茶オレ」などがあり、500円〜600円ほどで提供されています。

串たなか

大人の隠れ家のような串かつ専門店「串たなか」。古民家風のつくりで、掘りごたつ式のカウンターがあり、串を揚げる様子を見ながら出来立ての串を堪能できます。「一法通行」という、ストップを言うまで20種類くらいの串が提供され続けるコースメニューも特徴的。また、おでんの串揚げや豚の角煮の串揚げ、りんごの串揚げなどと、他店ではなかなか食べられないメニューが用意されているのも、楽しめるポイントです。

ほっこりや

京都のおばんざい・京風おでんを堪能できる「ほっこりや」は、ミシュランガイド(関西)で7年連続一つ星を獲得している名店です。こぢんまりとした店内は、掘りごたつ式のカウンター10席のみとなっています。1人でも入店しやすく、コストパフォーマンスも高いと評判で、多くの観光客が訪れているそう。人当たりのいい女将のおかげで気を張らずに足を運べるお店です。

志る幸

昭和7年に創業された「志る幸」は、味噌汁の老舗の専門店。ちょっと変わった店名には、「たった1杯の汁に精一杯のおもてなしの気持ちを込める」と言う意味が込められているのだとか。かつおと昆布でとられた、しっかりとした風味の出汁を味わえます。赤味噌や合わせ味噌、すまし汁なども選べますが、いちばんのおすすめは京都らしい白味噌です。

洛東エリア(祇園・東山・鹿ヶ谷・岡崎・烏丸御池など)

五龍閣

清水の散策の合間に訪れたいカフェレストラン「五龍閣」。木のぬくもりを感じられる和洋折衷様式の建物で、アンティークな家具や美しいステンドグラスが迎えてくれます。こだわりのメニューは、自家製の豆腐と豆乳から作った豆腐スイーツ。ヘルシーで甘すぎず、女性にも人気のメニューとなっています。店内にはギャラリースペースがあり、大正ロマンの代表でもある詩画人、竹久夢二の作品が展示されています。

清水菓寮 六角庵(ろっかくあん)

清水寺のお膝下にある清水菓寮 六角庵は、京都で1000年以上も続く和菓子店。現在はリノベーションをして、古民家風カフェとしても営業しています。ほくほくしたお団子に濃厚なみたらしダレをたっぷりかけた「特製みたらし香ばし団子」やインスタ映えすると話題の「庚申堂ソーダ」が人気です。ソーダの上にバニラアイスが乗っていて、くくり猿をイメージしたパステルカラーのお菓子がトッピングされています。

普門庵 二の茶寮

五龍閣のすぐ隣にあるわらび餅カフェ「普門庵 二の茶寮」は、カフェとお土産屋さんが2軒並んだ作りになっています。絶対味わいたいメニューは、プルンとした食感のわらび餅。きなこや抹茶をからめ、黒蜜と一緒にいただきます。店内はガラス張りの窓から陽がさんさんと差し込み、明るく開放的な印象です。

洛南エリア(醍醐・伏見・東福寺・嵐山など)

酒蔵bar えん

明治35年に開業した藤原酒造。現在の作り手は5代目蔵元・藤岡正章氏で、蒼空(そうくう)という青空のように爽やかでやさしい純米酒を作っています。そのお酒を酒造の中で頂けるのが「酒蔵bar えん」です。お酒好きの観光客がゆっくりと日本酒を楽しめる空間。店内は販売コーナーとbarコーナーがあり、ガラス越しに仕込み蔵を眺めながら飲み比べができます。お酒が飲めない人には酒まんじゅうや甘酒が人気です。

ちょいと。栞屋

新鮮な刺身のお造りやおばんざいを堪能できる居酒屋「ちょいと。栞屋」。京阪山科駅から近く、リーズナブルなメニューが多いため、平日でも大変な賑わいを見せています。店内は落ち着いた和の雰囲気で、大人の隠れ家のような佇まい。掘りごたつやカウンター、半個室も用意されています。京都駅近くや四条烏丸にも店舗があり、barやワインbar、京都丹波和牛を使用した「栞屋バーグ」など、それぞれ違った趣向のお店になっています。

カイカドウカフェ

京都の伝統を堪能できる「カイカドウカフェ」を運営するのは、明治8年に創業された開花堂。日本で一番古い茶筒を手作りしている茶筒の専門店です。そんな開花堂が出かけているカフェでは、コーヒー焙煎師で有名な中川ワニさんのオリジナルブレンドを味わえます。

また、本場イギリスの紅茶を取り寄せて、日本茶とブレンドしたメニューも人気です。店内には銅製の茶筒などがディスプレイされていて、目と舌の両方で京都を感じられる空間となっています。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい