新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » どんな研修があるのか

どんな研修があるのか

未経験の方がタクシー運転手になった場合、会社が規定する研修をこなす必要があります。どのような研修を行うのか、一緒に見ていきましょう。

タクシー運転手の第一歩、二種免許取得

タクシー運転手として乗客を運ぶためには、普通自動車2種免許の取得が必須となります。ほとんどの方が1種免許は持っていると思いますが、2種免許を持っている方は少ないため入社後に取得することがほとんどです。

そのため大半のタクシー会社には2種免許取得を支援する制度がありますので、持っていない方も安心してください。費用を負担してくれる会社が多いですが、就職先によって変わりますので、入社時によく確認しておく必要があります。

2種免許の取得は1種免許の時と同じように教習所を卒業して、免許センターでの学科試験に合格する必要があります。

未経験でも安心!実務研修

無事2種免許を取得したら、実際の業務内容を覚える実務研修が始まります。

タクシーは基本的な構造は一般の車と同じですが、無線や料金メーターといった独自の機器がありますので、扱いを覚える必要があります。また、クレジットカードやネット決済など、支払い方法も複雑化しています

覚えることはたくさんありますが、一つずつ覚えていきましょう。

タクシー業務は接客業の部分も大きいですから、接客やマナーの研修も行われます。研修生同士でロールプレイングなどを行い、お客さんへの対応を覚えていくことになります。

事故に対する注意点や安全運行についての研修も必ず行われるものです。

先輩に学ぶ、配属後研修

研修センターなどで基本的な業務内容を覚えたら、実際に働く営業所に配属されて最後の配属後研修が始まります。

一般的には、先輩運転手が一緒に乗って業務を行い、細かいアドバイスなどを受けることができるようです。全くの未経験から始める場合には心強い制度ですね。

座学だけでは得られない、現場の生のアドバイスはその後の業務に非常に役立ちます。分からないことや疑問に思ったことは何でも質問するように心がけましょう。

稼げるエリアやコツなど、働きだしてから役に立ちそうな情報も聞けるだけ聞いてください。1人立ちする前の貴重な時間ですから、最大限活用してスタートダッシュできるように準備しましょう。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ