新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » 脱サラしてタクシー運転手になるには?

脱サラしてタクシー運転手になるには?

この記事は、脱サラしてタクシー運転手になろうと考えている方に向けた記事です。タクシー運転手は職歴や学歴も問われないことが多いため、異業種への転職を検討している40代~50代に人気の職業です。頑張った分だけ稼げるというところも魅力的ですよね。タクシー運転手になるためにはどんな準備をしたらいいのか、さっそくみていきましょう。

脱サラしてタクシー運転手になるまでの大まかな流れ

面接

「未経験歓迎」「学歴・年齢不問」と書かれている求人広告が多く、ハードルが低くみられがちなタクシー運転手。たしかに、ほかの業種に比べて「条件」というハードルは低めですが、タクシー会社も商売ですので、面接ではあなたの人格や適性をしっかりと判断します。過去にトラブルを起こしていないか、コミュニケーション能力はあるかなど、運転手になるための必要最低限のスキルがチェックされます。

健康診断

タクシードライバーは長時間の運転が基本となるため、健康面も重要視されます。腰痛もちの方や持病がある方は、面接できちんと伝えておきましょう。入社すると1日中座りっぱなしになるため、適度な運動やストレッチ、毎日の入浴が欠かせません。

運転テスト

運転手は乗客の命を預かる仕事ですので、会社によっては入社前に運転テストを行っています。「何年も運転しているから大丈夫」という人ほど用心してください。年齢を重ねるごとに自己流の運転癖がつき、危険な運転や自分勝手なハンドルさばきになっている可能性があります。

二種免許の取得

一般的なドライバーがもっているのは「第一種免許」で、タクシーを運転する際に必要なのが「第二種免許」です。二種免許取得の条件は、一種免許を取得してから3年以上が経っていること。会社によっては資格取得の費用を負担してくれるところもありますよ。

個人タクシーを開業するには?

「脱サラするなら企業に属さないで個人タクシーをやりたい」という方もいらっしゃるでしょう。しかし誰でも簡単に開業できるわけではなく、いくつかの条件があります。

  1. 第二種免許の資格がある
  2. 10年以上同一のタクシーまたはハイヤーの運転経歴がある
  3. 申請日時点で年齢が65歳未満
  4. 申請日からさかのぼって3年以上の無事故・無違反

なお、個人タクシーの定年は75歳と定められています。

タクシー会社勤務なら定年がないため、長く働けるメリットがあります。

タクシー業界の平均収入や雇用形態

タクシー運転手の平均年収は350万円ほど。都内だと450万円程度、地方だと200万〜250万円という風に幅があります。タクシー業界は基本的に歩合制を導入していることが多いため、人によって収入差が大きいようです。

雇用形態においては、社員・アルバイト・パートとさまざま。正社員は社会保険や福利厚生が完備されています。また、会社によっては退職金制度や寮を用意しているケースもあります。

総括

タクシー運転手は脱サラした転職者に人気の職業です。ただし健康であることや運転の技術が問われるため、免許があれば誰でもなれるというわけではありません。中には企業に属せずに個人タクシーを開業したいと考える人もいるようですが、個人タクシーの開業にはさまざまな条件があります。まずは勤務ドライバーとして経験を積むことからスタートさせるのが無難でしょう。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい