新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手がオススメの職業である理由 » 頑張り次第で稼げる

頑張り次第で稼げる

タクシー運転手は“稼げる”歩合制

タクシー運転手がおすすめの職業である理由のひとつとして、やはり“稼げる職種である”という点は外せません。

なかには固定給制を採用している会社もありますが、多くのタクシー会社では歩合制が主流。時給いくらで何時から何時まで働いていくら、日当いくらで何日働いて月いくら、という給与体系ではないのです。

つまり、働いたら働いただけ、収入が増えるというわけ。これなら、たとえどんなに忙しくても働きがいがあるというものでしょう。

また、完全歩合制ではなく、固定給+歩合給システムを採用しているタクシー会社もあります。

もし「はじめての職種だし、完全歩合制は不安」というのであれば、こうしたタクシー会社をチェックしてみるといいでしょう。

タクシー運転手の平均年収って?

では、実際、タクシー運転手はいくらくらい稼いでいるのでしょうか。

男性タクシー運転手の場合、ボーナス込みの賃金年間推計額はおよそ332万円(出展:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「平成28年タクシー運転者の賃金・労働時間の現況」)。しかし、この数字を見て、「あれ、日本の平均年間給与は約420万円だから、それよりも低くない?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

ですが、これはあくまで平均の年収。固定給のタクシー運転手もいれば、歩合制の方もいます。また同じ歩合制でも、ガンガン稼いでいる人もいれば、「月々暮らせるだけの収入があればいい」と、さほど意欲的に稼いでいない運転手もいるのです。

歩合制のタクシー運転手だと、十分に年収600万円は可能だといわれています。800万円を超える年収を稼ぐタクシー運転手も珍しくありません。道路や地理、需要のある時間帯・場所を勉強し、精力的に働けばそれだけ収入に反映され、頑張り次第で稼げる、まさに“やりがい”のある職業なのです。

もちろん、相応の努力をしないと収入は伸びません。安定した収入という面でも、固定給に比べ歩合にはリスクがともないます。こうした点も理解し、自分に適した稼ぎ方を見つけてください。

【参考】他業種での歩合事情

保険業

生命保険や損害保険をはじめとした保険業界も、多くは歩合制をとっています。新規契約をとるだけなく、どれだけ継続して保険に加入してもらえるかも収入を左右します。

保険業界は、法律が改正されたり、社会事情にあわせて保険の新商品が発売されたり、修正されるのは日常茶飯事。常日頃から情報収集と勉強が欠かせないうえ、顧客に最適なプランを提案する能力も必要なため、転職レベルは高めです。

自動車販売業

新車・中古車にかかわらず、自動車高い車を売れば、そのぶん収入に反映されます。低価格の車や利ザヤの小さい車しか売れないと、当然、収入も低いまま。

だからといって、高級車はそうそう売れるものではありません。高級車のディーラーか、大衆車のディーラーか、それとも中古車販売店か。どんな販売店に転職するかでもとるべき方針が違ってきます。

不動産業

賃貸はともかく、戸建てや土地、マンションなどの不動産販売業だと、大きな金額が動くぶん、一度の契約成立で大きなマージンを得ることができます。

ですが、数千万円、ときには億を超える物件を売るわけですから、決して容易いミッションではありません。歩合は大きいものの、チャンスも少なく、確実に契約に結び付けるだけのスキルは必須です。

美容業

美容師やネイリストなど、美容業界も歩合制を多く採用しています。とくに、指名制度をとっている店舗などは、顧客満足度を高めることでリピーターが増え、着実に収入を伸ばすことができます。

ただし、指名料を含めた単価が低いうえ、接客力・技術力をともなっていることが求められます。

人材派遣業

人材派遣会社でも、歩合制をとっている会社はいくつかあります。この業界の歩合の魅力的なところは、自分が紹介・仲介した人材が派遣先で働き続けてくれれば、その期間、歩合給が得られる点。

この仕事は、人材と会社をマッチングさせる能力が必須項目。求職者の長所・短所、派遣先会社の社風や求人内容などを熟知しておくことが必要です。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ