新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » フリーターからタクシー運転手に転職しよう

フリーターからタクシー運転手に転職しよう

フリーターからタクシー運転手に転職しよう

学歴や職歴が重視されないため、近年転職需要の多いタクシードライバーは、フリーターにおすすめの職業です。タクシードライバーは2種免許が必要ですが、特別なスキルはそんなに必要ないので、慣れてしまえば働きがいのある仕事でしょう。フリーターからタクシー会社に転職するのがおすすめな理由や魅力をまとめました。

フリーターからタクシー会社への転職がおすすめな4つの理由

車が運転できれば転職しやすい

タクシーを運転するには、2種免許が必要です。しかし、転職時に2種免許を取得していなくても、入社後に会社が免許取得費用を出してくれる所が多いのが魅力的。普通自動車免許を持っていれば、1ヶ月もかからず取得できるでしょう。特別なスキルや資格は、入社時に必要ありません。2種免許は、普通自動車免許を取得してから3年以上経過していれば取得できます。ハードルが低く、フリーターからでも転職しやすいのです。

年齢関係なく長く働ける

タクシードライバーは一般的な企業のように60歳で退職ではなく、その後も長く働けます。歳を取ってからも、稼ぎたい人におすすめです。フリーターからの転職だけでなく、定年退職後の新しい働き先として選ぶ人も多いのだとか。一般企業の場合、ある程度年齢を重ねるとポストが減って給料が減ることも考えられます。しかしタクシードライバーの場合、年齢関係なくやる気次第では高水準の稼ぎも期待できるのです。給料が固定で、さらにインセンティブがつくタクシー会社は、収入面も期待できるでしょう。

未経験からでもスタートしやすい

タクシードライバーは、未経験からスタートしやすい職業です。一般的な転職の場合、ある程度のスキル・勤務経験・実績が求められますが、タクシードライバーの場合、普通車を運転できれば転職できます。研修制度が充実している会社も多く、2種免許を取得したらすぐに路上デビューではなく、ある程度指導を受けます。覚える項目が多いですが、研修時間も多く確保しているため、慣れた段階で営業スタートできるのです。運転スキルだけでなく、営業の仕方や接客もレクチャーしてくれるため、研修中にコツを掴む人もいるのだとか。

シフトが自由でプライベートが充実できる

一般的な企業では、出勤時間や勤務時間が細かく設定されていますがタクシードライバーの場合、自由にシフトが組めます。厳密な出勤時間が設けられているのではなく、何時から何時までの間に出勤するなど、自由に時間が選べるのです。

など、シフトを自由に組めます。一般的なシフト制よりも自由度が高いのも魅力的でしょう。フリーター時代の自由さをそのままに、正社員で働けるタクシー会社が、フリーターが転職しやすい職業なのも納得です。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい