新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » 向いている人

向いている人

新しいことを覚えるのが好きな人

タクシードライバーの業務には覚えることがたくさんあります。お客さんが多くいて稼ぎやすいエリアを探して覚えたり、工事中の道を覚えて迂回したりとかなりの記憶力が必要になるでしょう。
渋滞する道を避けてスムーズにお客さんを運ぶことができれば、気に入ってもらい指名してもらえることもあります。とにかく新しいことを見つけて覚え、工夫するのが好きな人に向いている職業です。

観察やコミュニケーションが好きな人

タクシー運転手はお客さんと直接やり取りするため、サービス業的な部分が大きく、観察力とコミュニケーション能力が必要となる職業です。稼いでいるタクシー運転手は、鋭い観察眼でお客さんの要望などを聞き出して応え、固定客をつかんでいる人が多いです。

例えば急いでいるサラリーマン風のお客さんなら駅の改札に近い場所に停車する、観光客風のお客さんなら周辺のおすすめスポットをさりげなく教えてあげるといった工夫も必要です。中には静かに過ごしたいお客さんもいますから、空気を読んであえてコミュニケーションを取らない方がいいこともあるでしょう。

接客業の経験がある方は、タクシーの業務にも活かすことができるかもしれません。また、普段から世話好きな方にも向いている職業だといえるでしょう。

車の運転が好きな人

当たり前に聞こえるかもしれませんが、車の運転が好きな人はタクシー運転手に向いているといえます。効率よく稼ぐ人は一日に10時間近く走ることもありますので、運転が嫌いな人にはとても務まりません。

長時間運転しても事故や違反を起こさないためには、集中力も必要になります。好きなことは長時間やっても苦にならず、集中もしやすいものです。

ただ運転するのではなく、ブレーキをゆっくりかける、静かに発進するといった丁寧な運転も必要です。運転技術を向上させることに楽しみを覚える人にも向いています。

丁寧な運転は事故や違反を防ぐという意味でも重要なスキルです。運転が好きで普段から丁寧な運転で無事故無違反の人は、ぜひタクシー運転手を検討してみてはいかがでしょうか。

元ホテルマン

京都では元ホテルマンがぞくぞくとタクシー運転手に転職していると話題になっています。なかなか給料が上がらないホテルマンに対して、タクシー運転手の方が断然稼げるからというのがその理由です。またホテルは12時間労働という過酷な勤務状況のため、きちんとした勤務体制があるタクシー業界に魅力を感じる人が増えています。

京都は日本のなかでも指折りの観光地であるため、タクシーの乗客率も高め。しかし、せわしなくお客さんに対応しているためか、接客態度がよくないという声も出ていて、課題とされています。

それに対し、元ホテルマンのホスピタリティは格別。対応の良さから指名がどんどん増え、売り上げもうなぎ登りになるとか。接客経験者である元ホテルマンだからこそ、タクシー市場で稼ぐ素質を充分にそなえていると言えるのです。

ホテルマンからタクシードライバーへ転職した人の声

月収は2倍!転職2年で夢のマイホーム購入も(年齢不明/男性)

8年近く勤めたホテルを退職し、国際自動車のタクシー運転手へ転職をしました。退職理由は「収入の低さ」です。子どもが2人に増え、専業主婦である妻との4人の生活を支えるためには、ホテルでの月給20万円の給与では足りないと感じるようになりました。ホテルは勤務体制も厳しくほとんどが夜勤。家族との時間はあまり持てない上に収入もよくない。そんな状況から抜け出すために真っ先に浮かんだのがタクシードライバーでした。

サービス内容は違いますが、お客さんと接するという基本的なホスピタリティはホテルもタクシードライバーも変わりません。転職は大成功して、月収がホテル時代の2倍になりました。入社2年で5,000万円のマイホーム購入も叶えています。一般的に稼げると言われているのはほぼ丸一日勤務して1日ごとに休みをとる隔日勤務なのですが、毎日子どもが眠る前に帰りたくて「日勤」を選択。毎日18時には仕事が終わりますが、それでも十分に稼げているので驚きです。夜勤がないことで、偏頭痛の悩みからも解放されました。

顧客獲得のために惜しまぬ努力もしていて、明るい挨拶と笑顔でお客様に心地いい乗車時間を楽しんでもらっています。ホテル業界ではとくに突出して仕事ができるタイプではなかったのですが、タクシー業界ではホテルマンの経験が活きていて結果につながっていますyo 。やりがいも感じられています。

女性ドライバーとして日々挑戦中です(20代/女性)

前職はホテル業界勤務。女性ばかりの職場環境で人間関係のごたごたに疲れ、転職を決意しました。もともとホテル業界に入ったのも「人と接するのが好き」という理由が大きかったので、同じように多くの人に出会え、かつ自分のペースで長く働けるタクシードライバーに興味が沸きました。

無事に転職を叶え、日勤で土日休み、収入にも満足した日々を過ごしています。女性タクシードライバーとして、どのように活躍を増やしていこうか、今からドキドキわくわくです。実際に働いていく中で、人と関わるのが好きな私には、タクシードライバーは天職だと感じています。

元ホテルマンのタクシーに乗車した人の口コミ

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ