新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » タクシー会社の寮はどう?

タクシー会社の寮はどう?

地方から転職してくるタクシー運転手も多いため、タクシー会社によっては寮が完備されています。自分で家を借りるよりも格段に家賃を抑えられるので、暮らしがラクになり生活にゆとりが生まれるでしょう。タクシー会社の寮にはどんなタイプがあり、家賃はどのくらいかかるのか詳しく調べてみました。寮を完備しているタクシー会社もご紹介しています。

タクシー会社の寮は所有者によって2つのパターンがある

自社所有寮

タクシー会社が自社で所有している寮です。マンションやアパートタイプが多く、なかには民宿を改装して寮にしている会社もあります。独身者にはうれしい「食堂」が付いている寮もありますが、その場合お風呂やトイレが共同になるケースが多いようです。

会社の敷地内に寮が建っているため、通勤はとても楽になるでしょう。その反面、プライパシーの確保は難しいかもしれません。他県から転職してきて知り合いがいない人にとっては、同じ会社で働く寮のメンバーと親しくなりやすいメリットもあります。

借上寮

不動産会社を介して、タクシー会社がマンションやアパートを賃貸しているケースです。自社寮とは違い、完全な1人暮らしになるため、プライバシーはしっかりと確保できます。共同のお風呂やトイレもないので、悠々自適な暮らしを送れるでしょう。

借上寮には、タクシー会社がもともと契約している物件に入居するパターンと、入社が決まった段階で物件を探すパターンの2種類があります。一般的な賃貸とあまり変わらないたで、自社所有寮よりも家賃が高くなってしまうのが難点。

新しく物件を探す場合は、入居者の意見が採用されることもあるので、希望条件に近い家に住むことができるかもしれません。

タクシー会社の寮は2つの居住タイプがある

単身寮

単身寮とは、独身の方に向けた一人暮らしのための寮です。タクシー会社が保有している寮のほとんどは、単身寮になります。結婚や同棲をする場合は、そのタイミングで退去しなくてはいけません。

1人暮らし用といっても狭いワンルームではなく、2DK以上の広さが確保されているケースが多い傾向。荷物が多い方には嬉しいですが、何部屋も掃除するのは大変かもしれませんね。

家族寮

その名の通り、家族で一緒に住める寮です。子どもと一緒に暮らせる十分な広さがあるため、転職を機に家族と一緒に移り住むことができます。寮内に年の近い子どもがいれば、子ども同士の近所付き合いも良好になるでしょう。

ただし、家族寮を用意しているタクシー会社は少ないのが現実。全額自腹になると100万円近い費用がかかってしまいます。費用を抑えたい方は、住居支援制度を設けている会社を選ぶのがオススメです。求人広告の福利厚生の欄をチェックしてみましょう。

寮の家賃はどのくらい?

家賃は、会社の方針・寮の立地・寮の設備などによって変わってきます。目安は2万〜8万円台です。

もっとも安く借りられるのは自社寮の単身寮。1万円台から借りられるケースもありますが、立地がイマイチだったり、お風呂やトイレが共同であったりというマイナス面もあるので、家賃が安すぎる場合は心構えをしておきましょう。

一方で、家賃が高いのは借上寮の家族寮です。入社を機に賃貸契約を結ぶため、タイミングによっては手頃な部屋がなく、家賃が割高になる可能性も。「家賃の何割かを会社が負担する」「会社から○万円の支給がある」というケースの場合、時期によって負担額が大きくなる可能性が高いでしょう。

また、借上寮は、ずっと住み続けられるわけではなく、会社によって2年や3年など制限が設けられているケースがあります。期限を過ぎると自分で新しい入居先を契約する必要があるため、家賃はすべて自己負担になります。

寮を完備している京都のタクシー会社

帝産タクシー

京都で未経験からタクシー運転手を目指したい方におすすめの会社です。未経験ドライバーの定着率はなんと95%(自社調べ)。

寮は単身寮を完備しています。家賃は月々18,000円からとなっており、入寮期間中は駐車場を無料で利用できるとのこと。電気代は自己負担になりますが、平均2,900円と割安です。家賃と光熱費で2万円ちょっとなら、毎月まとまった金額を貯金に回せそうですね。

帝産タクシーは、出勤時間やシフト調整を自由に組めるところが社員に人気。連休も取れるため、海外旅行や帰省もゆったりしたスケジュールを組めます。

また、タクシー乗車にかかる経費は会社が全て負担してくれるとのこと。入社すると祝い金が15万円支給され、毎年7月と12月にはボーナスが支給されるのも嬉しいポイントです。

洛陽交運株式会社(ラクヨータクシー本社営業所)

三つ葉のクローバーが目印のラクヨータクシーは、バス事業や旅行事業も展開するヤサカグループが運営しているタクシー会社です。ワンルーム寮を5棟、合計220室完備しているため、他県からの求人応募も受け付けています。寮費は月17,000円から。寮は会社から徒歩1分の場所にあるため、朝の準備が非常に楽になるでしょう。会社には時間内であればいつでも入れる大浴場があり、運転で疲れた体を癒せます。

また、会社が免許取得の費用を全額負担してくれるのも嬉しいポイント。普通免許を取得して3年以上経っていれば、最短9日間で2種免許の資格取得が可能です。「タクシー運転手になりたいけど2種免許を持っていない」という方にうってつけですね。免許が取れるまでの生活費も会社が支給してくれるので、お金の心配をせずに新生活をスタートできます。

エムケイ株式会社(MKタクシー伏見営業所)

京都トップクラスのタクシー会社であるエムケイタクシーは、未経験者に向けた研修制度が手厚いのが特徴です。新人社員研修や英会話研修など、さまざまな研修メニューを用意しているため、タクシー運転手として働くうえで必要な知識と技術をしっかり学べます。

2018年の3月に完成したばかりの新しい社員寮は、全90室の個室でなんと食事付き!寮費は毎月5万円と少々高めですが、電気代・水道代、Wi-Fi使用料、3食分の食費が含まれていてこの家賃はお得です。それぞれの部屋には、冷蔵庫・電子レンジ・洗濯機・カーテンが付いていて、新生活に必要なものはほとんど揃っているとのこと。寮生専用のカーシェアリングも利用できるので、休日はドライブを楽しめますよ。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい