新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » リスクやデメリット

リスクやデメリット

タクシー運転手として働く中で発生するリスクや、デメリットについて解説します。知らずに就職して後悔しないように、あらかじめどんな危険があるのか知っておきましょう。

事故にあうリスクが大きい

一般ドライバーより運転する距離と時間が長くなるタクシー運転手は、事故にあう確率も当然大きくなります。

稼ごうと思うと、市街地や繁華街などの狭く危険な道を走ることも多くなるため、さらに事故の確率も増えます。最近はロードバイクなどのスポーツ自転車が流行して、道路状況が混雑することで事故発生率も少なくありません。

事故を起こしてしまうと、車の修理代や事故相手への保障など金銭的な負担はもちろん、免許の点数の面でも大きな痛手となります。万が一免許停止になってしまうと、その間は働くことができませんので生活にも支障が出てしまいます。

タクシー運転手にとって、事故や違反は気をつけるべきポイントの一つです。普段から注意して安全運転を行いましょう。

健康被害の危険がある

タクシー運転手は一日の大半を車のシートに座って過ごすことになります。長時間同じ姿勢でいると飛行機のエコノミー症候群のように血行が悪くなり、身体の凝りなどが発生しやすくなります。また、死亡するリスクが高くなるといった説もあります。

このようなリスクを避けるために適度に休憩を取り、ストレッチなどで血流の促進を心掛けましょう。脂っこい物を避けて健康的な食事をとるなどの対策も必要となります。

乗客とのトラブル

タクシー運転手として注意しなければいけないのは、乗客とのトラブルです。お客さんも様々なタイプの方がいますので、中にはトラブルに発展してしまう事も少なくありません。

夜の繁華街は稼げるエリアの一つですが、お酒を飲んでいるお客さんが多いためトラブルにあう確率も高くなります。テンションが上がって喧嘩っ早くなる人もいますし、酔い過ぎてシートを汚されてしまう事もあるかもしれません。

泥酔してしまいどこに行けばいいのか分からない、というケースも多いようです。タクシーに乗ったことを覚えておらず、酔いが覚めたときにケンカになってしまうといった事例もあります。

基本的には接客マニュアルがありますので、それに従って対応すべきですが、時には冷静で的確な判断が必要になる場合もあります。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい