新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » タクシー会社の選び方

タクシー会社の選び方

これからタクシー運転手になるのを検討する方に向けて、就職するタクシー会社の選び方を3つ解説します。

どれくらい稼げるのか?給料で選ぶ

就職先を選ぶ際、一番気になるのは給料、どれくらい稼げるのかという部分だと思います。いくらやりがいのある仕事でも、家族や自分自身が生活する分のお給料をもらえなければ意味がありません。

タクシー運転手の給料システムは会社によって変わりますが、ほとんどの場合歩合給になります。歩合率が大きければ大きいほど売り上げに対する給料が増えることになります。

また、ノルマがあるかどうかも重要なポイントです。売上がノルマに達しなかった場合、歩合率が下がってもらえる給料も減るというシステムの会社が多いです。安定したお給料が欲しい方は、ノルマ金額が低い会社を選ぶと良いでしょう。

採用になった場合、どの勤務地になるのかもよく確認しておきましょう。繁華街やビジネス街がある発展したエリアは乗客が多いため、稼ぎたいならこのようなエリアで働ける会社を選びましょう。

勤務時間は?働き方で選ぶ

タクシー運転手が働く時間帯は大きく分けて3つです。「朝から夜までの日中に働く」「夜から朝までの夜間に働く」「朝から深夜まで働いて次の日は休み」があり、自分で選ぶことができる会社は少ないです。

このうち一番多いのは三番目の「朝から深夜まで働いて次の日は休み」です。仕事と休みを一日ごとに繰り返す変則的なスタイルなので、他業種からの転職だと最初は違和感があるかもしれません。

家族や自分自身の生活を考えると、働く時間帯が選べる会社が望ましいですよね。働き方にこだわりがある方は、妥協せずいろいろな会社を調べてみましょう。

定年は何歳?待遇面で選ぶ

長く働こうと思ったら、どのような待遇の会社なのかも重要となります。例えば定年は会社によって年齢が違いますので、年を重ねても働きたい方は定年が長い会社を選びましょう。

遠方から引っ越してきてタクシー運転手に就く方も多いため、従業員用の寮がある会社もあります。家族居住の可否や、費用など条件も様々ですので遠方での就職を考えている方は寮制度をよく調べてみましょう。

未経験からタクシー運転手を目指す人は研修期間を経て仕事を始めることになりますが、会社によって条件が違います。研修期間の長さや、研修中の給料などは生活にも直結しますので、会社に入る前に良く確認してください。

不況に負けない!独自の取り組みの有無で選ぶ

近年では、タクシーの利用者を増やすためにさまざまな施策がされています。例えば、都内での初乗り運賃の賃下げやアプリを利用した相乗りタクシー、マタニティータクシーなど。これからは顧客それぞれのニーズをつかんだサービスを提供するタクシー会社が生き残る時代です。

所属するタクシー会社を選ぶなら、乗車を待っているだけの受け身のタクシー会社よりも、企業努力をしながら多くのお客様を受け入れる準備を整えている会社を選びましょう。顧客獲得に積極的な会社を選ぶと、安定した収入を確保できます。

京都で有名なタクシー会社の独自コンテンツ

タクシー業界を盛り上げるべく、京都府内のさまざまなタクシー会社が多彩な企画を打ち出しています。観光地である京都らしい「寺院や観光スポットめぐり」「パワースポットツアー」「夜の紅葉狩りツアー」などなど。お客様のニーズを調査し、不況に負けない施策がされています。

1.VR怪談タクシー

タクシー業界の新たな取り組みとして運行がはじまったものの1つが「VR怪談タクシー」。利用者はVR(バーチャルリアリティー)技術を使ってホラー映像を楽しみながら、京都の心霊スポット巡りを体験できます。コースは2時間制。ストーリーが組み立てられていて、第一話の「お墓」、第二話の「タクシー」、第三話の「トンネル」、第四話の「霊魂」と、話に沿って舞台となる心霊スポットを巡る内容です。怪談を聞きながら実際の舞台を訪れることで、現実とバーチャルが交差しよりスリリングなホラー体験ができるのです。怪談の語り手にはテレビにも出演する「怪談和尚」こと三木大雲住職が選ばれ、聞き手の恐怖をさらにかきたてています。

VR怪談タクシーの料金プランは、2時間コースの普通車(4人乗り)で10,200円、ハイグレード車(6人乗り)で11,200円程度。コース料金の他に駐車料金1台500円とVRセット1人300円(フェイスシート・使い捨てイヤホン)がかかるのが一般的です。

京都に何度も訪れたことがある方にも、新鮮な体験と新しい京都の発見を促してあげられるのが魅力。人を運ぶための手段から、体験型のエンターテイメントとして可能性を拡げています。

2.京都限定着物割引

一部のタクシー会社では着物を着ているお客様に「着物割引」というサービスを行っています。着物で乗車すると、タクシー料金が10%OFFになるサービスです。タクシーに乗る全員が着物を着ていなくても、グループのなかの一人が着用していると割引の対象になります。

サービスを提供しているタクシー会社としては、車体の上のハートマークが目印のMKタクシーが有名。帝産タクシーや京聯タクシーでも期間限定で運行していたようです。

なぜ着物を着ている人に絞ったサービスを提供しているのかというと、長い時間歩いたり移動したりということが難しく、着崩れしやすいことからタクシーの利用者が多いため。さらに京都は古き良き日本の文化が色濃く残る場所です。積極的に着物を着てもらい、日本らしさを求める外国人観光客で事業を盛り上げようという狙いがあるようです。

京都には数千円からレンタルできる着物レンタル店も多く軒を連ねているため、サービスとの相性ぴったり。観光客は好みの着物を着て京都巡りを楽しみ、タクシー業界も潤うという京都の特徴を活かしたwin-winなプランで集客をおこなっています。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ