新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » 必要な資格

必要な資格

普通自動車免許(3年以上)

車を運転するためには普通自動車免許が必須です。乗客を乗せて運転するためには、後述する2種免許の取得が必要ですが、取得資格は普通免許取得後3年後からです。

ほとんどの会社は普通免許を持っていれば入社可能ですが、免許取りたてなど条件によっては難しい場合もありますので注意しましょう。

仮にあと少しで3年になる、といった方は志望するタクシー会社にあらかじめ問い合わせて聞いてみましょう。また、免許停止期間は取得期間に含まれませんので、免停経験のある方は注意してください。

普通自動車二種免許

タクシー運転手として乗客を運ぶためには、普通自動車二種免許の取得が必要となります。タクシーのほかにも代行運転など商業用ナンバープレートをつけている車両の運転は二種免許が必要となります。

二種免許には大型・中型・普通の三種類がありますが、タクシーの場合は普通二種免許が必要になります。

二種免許の試験は実技試験・学科試験・適性検査の3つがあり、取得には10日前後がかかります。試験内容はそこまで難しくなく、普段運転をこなしている方なら心配ありません。普通免許では無かったV字路など特殊な試験もありますが、講習をまじめに受けておけば問題ないでしょう。

地理試験

東京・大阪・神奈川など一部の地域では、タクシー運転手として働くために地理試験を受ける必要があります。道路が複雑な都市部で、乗客を最適なルートで送り届けるための知識を試されます。

具体的には、幹線道路の名前や主要交差点の名称など、対象エリアの地理問題が出題されます。また、設定された目的地までの最短ルートの問題なども出題され、幅広い知識を求められます。

地元として知識のあるエリアなら問題ないかもしれませんが、心機一転新しいエリアでタクシー運転手を目指す場合は、時間があるときによく道路を調べておきましょう。

試験前にタクシー会社の先輩などによく話を聞いて、重要な道路や交差点を教えてもらうなどの工夫も有効です。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい