新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手になるには【知っておきたい基礎知識】 » 英語ができるタクシードライバーは稼げる?

英語ができるタクシードライバーは稼げる?

英語が得意な方は、タクシー運転手への転職が有利なことをご存知ですか?ここでは、タクシー運転手でどのくらい英語力が活かせるのか、反対に英語を話せない人はタクシー運転手になれないのか、気になる情報を調査してまとめているので、詳しく見ていきましょう。

タクシー運転手は「英語力」を活かせる仕事

コロナウイルスの影響により、一時的に外国人観光客が減少していますが、ウイルス問題が終息すれば日本を訪れる外国人観光客の数は瞬く間に増加すると予測されています。しかし、英語を話せるタクシー運転手はまだまだ少ないのが現状。英語が通じる運転手は非常に貴重な存在で、外国人観光客を獲得できる可能性が高いため、今後さらに需要は拡大していくでしょう。タクシー運転手未経験の方でも、英語が得意であれば自分の能力を活かせるチャンスがあります。

外国人観光客の増加が期待される京都

京都は日本でも有数の観光スポットです。金閣寺や清水寺など、より日本を感じることができる建物が多く存在するため、外国から毎年多くの観光客がやってきます。英語が通じるタクシー運転手がいるとわかれば、外国の方も安心して乗車してくれるはず。英語はどの国においてもコミュニケーションをとりやすい言語なので、英語を話せる運転手の需要は非常に高いのです。

タクシー運転者『英語おもてなしコンテスト』について

「英語おもてなしコンテスト」とは、外国人旅客接遇研修を受けた運転手の成果を発表する場として東京タクシーセンターが主催しているコンテストです。訪日外国人との英語による会話のロールプレイングを実演し、その成果を披露します。これまで研修を受けた運転手の皆さんは、しっかりと英語を話せるようになっています。

コンテストは東京で開催されているものですが、こうしたグローバルへの取り組みは、東京以外のタクシー会社でも必要になってくるでしょう。とくに、京都は有名な観光スポットが多く、外国人の数も多い傾向があるため、英語でコミュニケーションをとれるかどうかが今後利用客をつかむ大きなカギとなるかもしれません。

「タクシー」の英語表現と発音

まず、英語で「タクシー」は「taxi」と表記されます。発音は「タクスィ」です。実際声に出してみるとわかるのですが、「タ」を強調するとよりネイティブに近い発音になります。また、語尾は「シ」ではなく「スィ」と発音するのがポイント。タクシーの複数形は「taxies(タクスィーズ)」となります。また、国によってはタクシーのことを「cab(キャブ)」と表現することも知っておくと良いでしょう。

タクシー接客英語の基本フレーズ

ここではタクシー運転手が知っていると便利な英語のフレーズをまとめて掲載しています。お客さんがタクシーに乗り込むときから降りるまでのやりとりを順を追ってまとめているので、参考にしてみてください。

最初の挨拶のフレーズ

最初に外国人の乗客を迎え入れるときの挨拶です。英語では、基本的に日本語で言う「いらっしゃいませ」のような言葉はないので、「こんにちは」のような一般的な挨拶を使います。

「Hallo.」または「Good after noon.」と言うのが一般的です。「Hello.」のあとに、「How are you?(お元気ですか?または調子はどうですか?)」と付け加えることで、より印象の良い挨拶になります。余裕があれば声掛けをしてみると良いでしょう。

ちなみに「How are you?」と声をかけると、大抵は「And you?(あなたは?)」と返ってきます。その場合は「I’m good,thank you.」などで返答しましょう。焦って言葉が出てこない場合は「good!」でも大丈夫。十分伝わるはずです。ちなみに、義務教育でよく習う「I’m fine,thank you.」はネイティブではあまり使われません。

その他の挨拶のフレーズ

かしこまりました

タクシー運転手は乗客に行き先を告げられた際をはじめ、さまざまなシーンで対して「かしこまりました」と応対する多いため、日本語の「かしこまりました」に代わる英文を覚えておきましょう。

ちなみに日本で使う「かしこまりました」を英語にすると「Certainly.」となりますが、タクシーで使うにはやや丁寧すぎる言葉となります。時と場合にもよりますが、タクシー内であまりに丁寧すぎる言葉を使うと、外国の方はかえって居心地の悪い空間に感じてしまうこともあるんです。

外国では基本的にサービス側とお客は対等な関係のため、この場合は「sure.(もちろんです)」と返答することをおすすめします。「sure.」は丁寧かつ砕けすぎない印象を与える言葉。簡単に覚えられますし、サービスの距離感としてバッチリです。

乗客するときのフレーズ

ドア開けるとき

まずは、タクシーに乗車するお客さんに対して「どうぞ、ご乗車下さい」と伝えたいときに使えるフレーズをご紹介します。

日本のタクシーのドアは、基本的に自動で開閉することがほとんどですが、外国人の出身国によってはあまり馴染みのない光景かもしれません。そんなとき、どうぞ乗って下さいという意味で「Please get in.」と声をかけると、外国人のお客さんも安心してタクシーに乗車できるでしょう。

ドアを閉めるとき

上記のフレーズに加えて、「Watch your legs.(足下にお気をつけください)」と付け加えるとより丁寧です。外国ではタクシーのドアが自動で開く習慣があまりないので、自分でドアを閉めようとするお客さんもいます。声をかけないとドアに手をぶつけてケガをしてしまい、トラブルになってしまうケースもあるので注意が必要。お客さんを危険な目に合わせないためにも、英語で声掛けができるようになっておいたほうが良いでしょう。

また、お客さんが大きな荷物を持っていた場合は、先にトランクに荷物を入れるか確認しておくことをおすすめします。

お客様の方から荷物をトランクに入れられるか聞かれた場合は、さきほど紹介した「Sure.(もちろんです)」と答えて対応しましょう。

行き先を尋ねるときのフレーズ

ここからは実際に外国人のお客さんを乗せて走るときによく使うフレーズをご紹介します。

目的地を尋ねるとき

お客さんを乗せた後、目的地を聞かないことには移動することもできません。丁寧な言葉を使いたい方は以下のフレーズをマスターしましょう。

「Would you〜」は、「いかがですか」のようなやや丁寧な言い方となります。フランクに話したい場合は次のフレーズを活用ください。

これらフレーズは上記よりもカジュアルな言い方になりますが、とても覚えやすくて使いやすいフレーズです。

省略しているぶんフランクな言い方になりますが、決して言葉遣いが悪いわけではないので、覚えやすい方で使えば問題ないでしょう。

あなたの問いに対して、お客さんは「(目的地),please.」と答えてくれます。例えば金閣寺であれば、「Kinkakuji,please.」といった感じです。もしくは「I want to go 〜(行きたい)」を使って、「I want to go Kinkakuji.(金閣寺へ行きたいです)」と答えてくれるかもしれません。

目的地を再度確認するとき

目的地を改めて確認するときのフレーズはこちらです。

行き先を再度確認したいときは「To the~(行き先). Is that right?」と言えばOK。

また、言葉を聞き取る自信がない方は、次のフレーズを使うと便利です。

はじめて日本に観光に来た外国人乗客なら、行き先の名称を誤って覚えている可能性もあります。そのため、住所を確認したほうが確実に目的地へたどり着けるでしょう。

行き先がわからない場合

乗客の英語が聞き取れない場合は、紙に行き先を書いてもらうという手もあります。このようなシーンで使えるフレーズは以下です。

「write」は「書く」という意味です。わからない場合は「write」と言って書くジェスチャーをすれば、たいていわかってもらえるでしょう。

シートベルトをお願いするとき

目的地を聞いて発射する前、お客さまにシートベルトを締めてもらうようお願いする場合のフレーズです。

日本では、走行中のシートベルトの着用が法律で定められています。観光で来ている外国人も例外ではないため、シートベルトの着用をお願いしましょう。締めてもらったら「Thank you.」と伝えるのも忘れずに。お互い嫌な気持ちにならずに出発できます。

目的地に到着したときのフレーズ

目的地に着いたら、到着したことをお客さまに伝えます。

ここで良いか確認する場合は「Is this OK?」と言ってみてください。

また目的地にもうすぐ到着することを乗客に伝えたい場合は、「We will arrive soon.(まもなく到着です)」というフレーズを使いましょう。

先に伝えておけば相手も支払いの準備ができるので、より親切ですね。

目的地に到着したとき、どのあたりで降りるのか尋ねる場合は次のフレーズを使ってください。

「get off」は「降りる」という意味です。または、車を停めるという意味の「Where should I stop?」というフレーズでもOK。

支払いの際のフレーズ

目的地まで乗客を運んだら、支払いをお願いするフレーズを伝えてください。

たったこれだけで伝わります。例えば、支払いが1,500円の場合は、「It’s 1,500(a thousand five hundred) yen」または「It’s (fifteen hundred) yen.」と伝えましょう。とっさに数字の英語が出てこないときは、メーターを直接見せるのもひとつの手です。

現金で支払う場合

相手が現金で支払った場合は「Thank you.」といって受け取ります。おつりが出る場合は「Here is your change.」といっておつりを返してください。ほかにも、このような伝え方があります。

乗客からレシートや領収書を求められたら「receipt」といって渡しましょう。レシートと領収書はどちらも同じ「receipt」というフレーズです。

クレジットカードで支払う場合

外国はキャッシュレスが一般化しており、カードで決済を行う方も多い傾向があります。そのため、カード払いの際に使えるフレーズも覚えておきましょう。

機械式の場合は2番目のフレーズを使うといいですね。

暗証番号を入力してもらう場合は「Please enter your PIN.」、サインの場合は「Please sign this.」と伝えましょう。

「Could you〜?」は日本語でいう「〜していただけますか?」というような丁寧な言い回しで、省略しても問題ありません。「please」でも十分伝わりますので、覚えているフレーズを上手に使いこなしてみてください。

クレジットカードでの支払いが可能か聞かれた場合

乗客にクレジットカードで支払えるかどうか聞かれて、使用できる場合は以下のフレーズで返答します。

もしくは、「Sure. You can use this card.」と答えましょう。

クレジットでの支払いができない場合

海外ではクレジットカード払いが主流ですが、日本はタクシー会社によって、クレジットカードの決済端末を導入していない会社もあるでしょう。クレジットカード決済ができない場合、以下のフレーズで丁寧に断りましょう。

また、クレジット決済は導入しているが、乗客が持っているカードに対応していない場合は次のフレーズを使います。

同じフレーズに「Don’t」をつけると、「できません」という意味になるのです。

お見送りするときのフレーズ

乗客がタクシーから降りた後、見送る際のフレーズを紹介します。シンプルに「Thank you.」と伝えるのも良いですが、もうひとフレーズ付け加えるだけで乗客の印象により濃く残る可能性が高いので、ぜひ覚えてみてください。

「乗ってくれてありがとう」そんな一文をつけることで、より感謝の気持ちを相手に伝えられます。また、「いい旅を!」を意味する「Heve a good day!」や「楽しんでください」を意味する「Enjoy!」といった一言を付け加えるだけでもOK。海外では、サービスとお客さまの間で、こういった気の利いたやりとりがよく行われます。余裕があるときはぜひ使ってみてください。

質問されたときに答えるフレーズ

車内で乗客に質問をされたときの答え方について、いくつかのパターンをご紹介していきます。

目的地までの時間を聞かれたとき

旅行や観光で日本訪れた場合、目的地までどのくらいかかるのか聞かれることも多いでしょう。ぜひ以下のフレーズを使って、やりとりのシミュレーションをしてみてくださいね。

「How long~」は時間を尋ねるときのフレーズで、「どのくらい」または「どれだけ」という意味となります。

「About」はおよそという意味。渋滞状況によって変わるけれど、大体このくらいだろうと予測した時間を伝えたいときは「About」をお使いください。数時間かかる場合は「About ○○ hour.」となります。

距離を乗客から尋ねられる場合、大体「How for~?」から始まります。その場合は時間の応用で「About ○○km.」と返してください。

乗車中に「あとどのくらいですか?」と聞かれることもありますね。その場合、次のようなやり取りをしましょう。

時間や距離について、質問されたときに答えられるフレーズが増えると、海外観光客の満足度も高まることでしょう。

料金を聞かれたとき

乗車料金について尋ねられたときは以下のとおりです。

料金を聞かれるフレーズの出だしは「How much~?」です。このときも「About」を使って返答しましょう。

「About~yen.」と覚えておけば、金額について聞かれた際にすぐに答えられます。また、タクシーの固定料金にかんする乗客とのやり取りで使えるフレーズは以下です。

「flat rate」は「固定料金」という意味で、どのくらいの金額でどこまで行くかを尋ねられるときに使われます。固定料金がない場合は次のように答えてください。

タクシー運転手なら料金について聞かれることが多いと思いますので、覚えておくと便利です。

番外編

そのほか、覚えておくと便利なフレーズを紹介します。

英語を話したことのない方は、いきなりすべてのフレーズを覚えるのは難しいので、まずは気持ちのよい挨拶と笑顔から始めてみましょう。それから、フレーズを暗記するのが難しいときは重要な単語から少しずつ覚えてみてください。言いたいことは単語だけでも伝わる場合が多いもの。英語が苦手な方でも単語を「覚える」「聞き取る」ことで、外国人の乗客とのコミュニケーションに少しずつ慣れていけるでしょう。たとえ英語をペラペラと話せなくても問題ナシ。少し英語を話せる運転手というだけでも、相手はきっと安心できるはずです。

英会話講師からタクシー運転手へ転職した方のエピソード

14年間続けていた英会話講師を辞め、タクシー運転手へ転職しました。転職活動の際に重視したポイントは2つ。1つは「時間の融通が利くこと」、もうひとつは「得意な英語と運転を生かせるかどうか」でした。タクシー運転手という仕事は、私の条件にぴったり合っていたのです。かくいう私も、昔はタクシー運転手という仕事に対してあまりいいイメージを持っていませんでした。そんな私がタクシー運転手への転職をしたのは2013年頃です。日本のタクシー業界は、世界的に見ても外国語への対応能力が遅れています。以前、日本に対する外国人観光客の不満を調査したテレビ番組を見たのですが、1位はなんと「タクシー運転手に英語が通じないこと」でした。これはきっと何か役に立てることがあるかもしれないと思い、思い切ってタクシー業界へ飛び込みました。

タクシー運転手として働くのにも慣れてきたころ、上司に「英会話のレッスンをしたい」と相談しました。その結果、「運転手が本当に使える英会話フレーズ集」を作成し、社内で勉強会を始められることになったんです。勉強会の参加は自由ですが、今では多い時に15名ほどの運転手が集まってくれています。この活動はボランティアでやっているのですが、私自身英語でお客様と会話ができたときの喜びを今でも覚えています。

それは、海外からいらっしゃったお客様を目的地までお送りしたときのことです。英語が通じるとわかったお客様は、道中さまざまなお話を私にしてくださいました。支払いを済ませたあと、お客様は私に向かって「‘sir’」と敬称をつけてくださったのです。これは日本における「さま」のようなもの。自分の今までの努力が認められた気がして、心の底から嬉しかったことを覚えています。この喜びをもっと多くのタクシー運転手に知ってほしい、感動を共有したいという思いでが、ボランティア活動の原動力になっています。いまは「英語」を武器に元英語講師としてタクシー業界に貢献できているのが嬉しいです。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい