新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー運転手がオススメの職業である理由 » 自分の時間を作りやすい

自分の時間を作りやすい

自分の時間をつくれる仕事とは

「親の介護をしながら働きたい」「子どもが小さいから、ある程度勤務時間に自由の利く仕事がしたい」「もっと自分の時間がほしい」という理由から、転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。

一般の会社員だと、なかなか都合にあわせて休むことができないこともあります。いわゆるブラック企業だと、そもそも休みがない場合も…。

では、休みやすい、時間に融通が利く仕事とはどのような職種なのでしょうか?

残業が少ない、休日出勤がない、休みがとりやすいといった職種に共通しているのは、自分が休んでも影響があまりない(少なくとも自分にしか影響がない)、勤務シフトを弾力的に組める、という点です。

結果重視の会社であれば、結果さえ出していれば休んでもあまり文句はいわれません。しかし、遅刻には厳しいのに残業には甘い、日本の伝統的な社風の会社だとそうはいきません。また、職場の出社人数が決まっているシフト制の場合も、自分の代わりの人を見つけないと休みをとることは難しくなります。

タクシー運転手がおすすめの理由

自分の時間をつくりたい転職先としておすすめなのが、タクシー運転手。おもに、日勤・夜勤の勤務形態と隔日勤務の勤務形態があり、フレックス制など比較的、出勤時間の自由度が高いのがタクシー運転手の特徴です。

一般的な勤務時間だと、日勤の場合は3時間の休憩を含んで1日19~21時間の乗車時間となりますが、翌日は明番で丸1日休みになります。

たとえば、午前中は子どもの学校行事に参加して午後から出社する、隔日勤務で平日に休みをとりたい、などの働き方をすることも可能。より稼ぎたいのであれば夜勤メインにするなど、自分の生活スタイルにあわせた働き方ができるのが、タクシー運転手の最大の魅力かもしれません。

【参考】他職種の休暇事情

工場・製造業

大きな工場であればあるほど、多くのスタッフが在籍しているので、自分が休みをとっても穴が埋まりやすい傾向にあります。また、シフト制の勤務形態であれば、あらかじめ希望の日を伝えることで休暇が取りやすくなります。

コールセンター

コールセンターは内勤かつ、顧客とは顔を合わせないため、他の人に代わってもらいやすい職種のひとつ。シフト制のところも多く、平日でも休暇が取りやすいでしょう。

データ入力

誰にでもできる仕事であるため、急遽、休暇をとる必要がでてきても柔軟に対応してもらいやすい職種。正社員でも給与はさほど高いわけではありませんが、対人コミュニケーション能力も不要なので、黙々と仕事をしたい人にはおすすめ。

家庭教師

家庭教師も、勤務時間の融通が利きやすい仕事のひとつ。訪問先の家庭の了承さえとれれば、別日に調整してもらうことができます。勤務時間も基本的に午後からなので、午前中に自由に使える時間があるのもメリット。ただし、再調整ばかりしていると、信用をなくすリスクもあるので要注意。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい