新しい生活を安心して始めるには 京都でタクシー運転手になりましょう » タクシー業界の動向・トレンドニュース

タクシー業界の動向・トレンドニュース

2008年のリーマンショックの影響で、法人の利用が減少したタクシー利用率ですが、ここ10年ほどは横ばいで安定しているようです。またタクシーの増車禁止など2度にわたる規制強化とタクシー運転手の不足が原因で、需給バランスは改善されつつあります。

ここでは、タクシー業界の動向やトレンドニュースをご紹介。タクシー業界の市場の動き、タクシー会社が積極的に導入しているサービスや対策、タクシー業界の競合となり得るサービス、世界情勢や政府の取り組みから見るタクシー運転手の将来性などを解説しているので、現在タクシー会社に勤めていらっしゃる方やこれからタクシー運転手を目指す方は参考にしてみてください。

乗務員の人材不足・高齢化などの悩みを抱えるタクシー業界

景気回復や少子化の影響で、多くの企業が人材不足による悩みを抱えています。タクシー業界も同様で、ここ数年はタクシー運転手の採用難で苦戦しているようです。

実働率は低下しており、2010年ごろは85%近くあった稼働率も2018年には76.1%にまで落ち込んでいます。また若手不足のため、タクシー運転手の平均年齢は上がり続け、2018年には58.2歳と定年に近い年齢層になっているようです。

一方で、ここ数年の1台あたりの売り上げは増加傾向にあります。それに伴い、タクシー運転手の年収は少しずつ回復している様子。2018年の平均年収は約470万円でした。具体的にどのような変化が起きているのでしょうか?

参考:三井住友銀行タクシー業界の動向と今後の方向性(2019年9月更新版)【PDF】

女性のタクシー運転手が増え続けている理由

女性の社会的活躍は留まることを知らず、近年では女性のタクシー運転手もよく見かけるようになりました。どうして女性のタクシードライバーが増加しているのか、その理由や実際に働いている女性ドライバーの声を掲載しています。女性にとってタクシー業界は働きやすい環境になっているのか気になる方は、詳しくみてみましょう。

女性がタクシードライバーとして働く理由について見る

20代のタクシー運転手が増えている理由

タクシーの運転手といえば、50代〜60代の男性を思い浮かべる人も多いでしょう。しかし近頃は、20代の若年層にも人気の職種となっているようです。20代でタクシー運転手として働いた場合、どのくらいの年収を稼げるのでしょうか?実際に転職した人の体験談やタクシードライバーが人気になったワケを詳しく紹介していきます。

20代のタクシー運転手が増えている理由について見る

異業種からの転職者が多い30代のタクシー運転手事情

30代は結婚したり、家族が増えたり、人生においても転機が多い年代です。そんな30代の転職先として、タクシー運転手が人気のワケを調査しました。タクシー運転手へ転職するメリットやどんな性格の人が向いているのかなど、詳しく解説しています。

異業種からの転職者が多い30代のタクシー運転手事情を詳しく見る

40代でも転職しやすいタクシー運転手という仕事

一般的に「40代からの転職は不利」と言われていますが、タクシー運転手は定年がなく、再雇用制度を設けている会社も多いため、40代でも転職しやすいと言われています。さまざまな職種からタクシー運転手へ転職した人の体験談なども交えながら、40代のタクシー運転手事情をご紹介しています。

40代でも転職しやすいタクシー運転手という仕事について見る

タクシー業界における政府の取り組みとは?

政府はタクシー業界の需要や利便性の向上を目指し、次のような施策を試みています。

初乗り運賃の引き下げ

政府はタクシーの利便性を図るため、初乗り運賃の値下げに踏み切りました。都内の初乗り運賃は730円でしたが、410円まで引き下げ。歩くには遠いがタクシーに乗るほどの距離でもないという、「ちょい乗り」の乗客の取り込みが狙いです。また、高齢化社会や外国人観光客の増加なども見据えたうえでの施策でしょう。

相乗りタクシーの実証実験

名前の通り、複数の乗客が1台のタクシーに乗車する「相乗りタクシー」の実証実験が行われました。この実験は2018年に終了しておりますが、当時の利用者アンケートでは、およそ7割の利用者が「また利用したい」という声をあげています。

第二種免許の受験資格の見直し

タクシー運転手として働くためには、普通第二種免許の取得が必須です。第二種免許を取るには「21歳以上で、普通免許を取得して3年以上が経っていること」という条件があります。

しかし、若者層の人材を確保するためには「普通免許を取得してから3年」という条件を見直す必要があるとして、第二種免許の受験資格の検討が進められています。

配車アプリを活用した事前確定運賃の実証実験

タクシーは道路の混み具合や信号のタイミングによって、同じ距離の利用でも料金が左右されます。そこで事前に運賃を確定させる実証実験を実施。東京都特別区や三鷹市、武蔵野市で3,000円以上の中長距離を対象として行われました。

実験の結果、利用者のおよそ7割が「また利用したい」と回答。配車アプリは、乗車する前に運賃が確定するため、利用者にとって安心してタクシーを利用できる材料であることがわかります。

配車アプリによる売上拡大を目指すタクシー業界の戦略

タクシー業界の今後の戦略として、車両の保有数の増加や乗務員の確保のためのM&Aなどが施策として考えられています。その中でも、近年とくにめざましい成長を遂げているのが「配車アプリ」です。

配車アプリにおいては、2019年から2020年にかけて「タクシー配車アプリ元年」と言われているほど。変化し続けるタクシー業界から今後も目が離せません。

国内ではJapanTaxiやMOV、DiDiなどの配車アプリが提供されています。アプリによってサービスの内容や対応地域は異なります。

中でもJapanTaxiはダウンロード数が1,000万件を超え、2020年4月にMOVと統合されたことでも有名です。楽天やソフトバンクなどIT業界からの参入も増え、配車アプリの競争が激化しています。

タクシー運転手における配車アプリJapanTaxiのメリットは?

日本全国に対応している配車アプリJapanTaxiについて紹介します。京都でも多くのタクシー会社が導入しているアプリですので、タクシー会社への就職・転職を考えている方は会社選びの参考にしてみてください。またJapanTaxiの口コミや利用方法についても掲載しています。

配車アプリJapanTaxiのメリットについて詳しく見る

タクシー運転手における配車アプリDiDiのメリットは?

中国初の配車アプリDiDiについて詳しく紹介しています。外国人の利用者が多い配車アプリは、外国人観光客を数多く乗せる京都のタクシー運転手であれば知っておきたい情報です。注目したいアプリのポイントや運転手にとってのメリットも掲載しています。

配車アプリDiDiのメリットについて見る

タクシー運転手における配車アプリMOVのメリットは?

MOVは、AIを活用した配車サービスを展開している配車アプリの中でもちょっと特殊なアプリです(※2020年4月にJapanTaxiと統合されました)。MOVに対応している京都のタクシー会社や利用しているタクシー運転手の声、口コミなどを掲載中。また利用したことがない人に向けて、アプリの使い方も紹介しています。

配車アプリMOVのメリットについて見る

キャッシュレス決済の導入で売上拡大を目指すタクシー業界の戦略

タクシーの支払い方法は、現金やタクシーチケットから、スマホ決済アプリや交通系ICカードを利用したキャッシュレス決済に移行しつつあります。これまでは利用者がお札を出し、運転手が小銭を手渡していた一連の流れはなくなりつつあるのです。

現金のやりとりが減ることで、運転手側はお釣りを用意する手間や受け渡しのミスが減ります。利用者もスマホをかざすだけですぐに降車できるので、両者にとってWIN-WINな戦略だと言えるでしょう。タクシー会社大手の日本交通のデータによると、2019年11月時点でキャッシュレス決済の割合は6割を超えているとか。今後もさらにキャッシュレス決済の加速が見込まれています。

参考:Impress Watch「都内タクシー売上におけるキャッシュレス比率」

キャッシュレス普及によるタクシー運転手への影響は?

電子マネーや決済アプリを導入するタクシー会社が増え、タクシー利用者にとって料金の支払いが便利な時代となりました。タクシー運転手は、この時代の流れをどのように感じているのでしょうか?タクシーならではのチップ制度についても触れています。

キャッシュレス普及によるタクシー運転手への影響について見る

自動運転やライドシェアの普及に伴うタクシー業界への影響

近年では「ライドシェア」という新しいサービスが誕生しました。自動車分野では、自家用車は「所有するもの」という概念から、「共有するもの」へ移行しつつあります。

ライドシェアとは名前の通り、「ライド=乗る」「シェア=共有」するという意味で、乗用車の相乗りを意味します。自動車の運転手(所有者)と、移動するために自動車に乗りたいユーザーとを結びつける、車移動をシェアするサービスです。

車自体を貸し出すカーシェアと違い、ライドシェアはドライバーが移動する「ついで」にサービスを提供することも可能。低価格で相乗りできるため、タクシー業界の競合相手なりうるのです。

日本でのライドシェアは白タク行為になる?

ライドシェアは、日本では白タク行為とみなされます。一部、認められている過疎地域もありますが、基本的には道路交通法により禁止されているため、タクシー業界の競合にはならないでしょう。

禁止されている理由は、利用者の安全や車両の整備や点検の徹底が確保されないためです。また事故が起こった際に、保険がどこまで補償されるのかも問題となっています。

一方で、燃料費や高速料金代を割り勘にする相乗りサービスは認められているため、いずれタクシー業界のライバルになる可能性は捨てきれないでしょう。

ここでは、白タクが違法な理由、検挙が難しい理由についてわかりやすくご紹介しています。「タクシー運転手より白タクのほうが儲かりそう…」なんて考えている方は、白タクとタクシー運転手の違い、危険性について知っていきましょう。

違法な白タクにお客を横取りされない方法について見る

モビリティ・アズ・ア・サービス(MaaS)とは?

MaaSとは、様々な移動手段を活用して、利用者の利便性を高めるサービスです。ICT(情報通信技術)を活用して、マイカー以外のすべての交通手段(飛行機や電車、タクシーやバス、ライドシェアやカーシェア、レンタサイクルなど)の利用をひとつのサービスで完結させるため、利用者は多様な移動手段を選択できます。

日本では単体のサービスが注目されがちですが、海外では以前よりMaaSが注目されていました。国土交通省は、「未来投資戦略2018」を実現する取り組みのひとつとして「MaaS」を検討。都市と地域の利用者ニーズに即した新しいモビリティサービスのモデルを構築すると発表しています。

現在はまだMaaSが機能しているとは言い難い状況ですが、今後もしMaaSが一般的になれば、単体サービスしか持ち合わせていないタクシー会社は市場で戦いにくくなるかもしれません。

タクシー運転手の将来性は?

タクシー業界が人手不足や高齢化の問題を抱えているのは事実ですが、配車アプリサービスや女性の働き方、タクシー運転手の需要なども成長を遂げています。今後の超高齢化社会や外国人観光客の増加を見越すと、タクシー運転手は将来性を期待できる仕事だと言えるでしょう。

タクシードライバーの将来性について見る

不況に打ち勝てるのは「知識と独自性」のあるタクシー運転手

タクシー運転手のほとんどは「歩合制」です。ライバルより顧客を掴んで稼ぐには、「知識」と「独自性」をもち、ほかの運転手との差別化を図る必要があります。乗客にリピートされる、または口コミを広げてもらうため、知識や独自性を身に着けていきましょう。

タクシー運転手なら知っておきたい京都の観光名所

京都といえば、日本屈指の観光名所の宝庫です。日本だけでなく、海外からも日本の美しい名所を一目見ようと、多くの観光客が押し寄せています。ここでは、タクシー運転手なら知っておきたい代表的な観光スポットをご紹介。エリアや特徴についても触れていますので、乗客へのサービスに役立てて下さい。

タクシー運転手なら知っておきたい京都の観光名所を見る

タクシー運転手なら知っておきたい京都のグルメスポット

京都にはたくさんのグルメなレストランや割烹料理、旬の京料理を楽しめるお店があります。そこで、京都でタクシー運転手をするなら把握しておきたい、メディアや口コミで人気のお店をリストアップしました。観光客が喜びそうな名店を知っておくことで、仕事の幅も広がります。

タクシー運転手なら知っておきたい京都のグルメスポットを見る

自粛期間中におけるタクシー業界への影響・対策

2020年、感染症拡大防止措置として設けられた自粛期間はタクシー業界にどのような影響を及ぼしたのか、また感染症に対してどのような対策を取ったのか詳しくご紹介します。感染症拡大被害をできる限り抑えるよう、さまざまな工夫や設備投資が行われているようです。タクシー運転手が今日から始められる対策もまとめています。

自粛期間中におけるタクシー業界の影響・対策について見る

京都府はタクシー業界の増収企業比率トップ

【2019年】タクシー業界の景気は好調?

帝国バンクが行った、3098社のタクシー会社を対象とした調査によると、2019年度の収益は以下のようになっています。

  • 増収…435社
  • 減収…806社
  • 横ばい…1857社

タクシー業界の中でも業績が良かった会社は、435/3098社と全体のわずか14%。残りの86%は業績が落ち込んでいる、もしくは前年と変わらないという結果でした。

タクシー業界はタクシー料金の変更やスマホアプリを活用した配車サービス、初乗り運賃の定額化などを図りながら業績アップを目指しています。しかし努力の成果は虚しく、思うような結果は得られていないようです。さらに2020年度は新型コロナウイルスの影響で、昨年よりも厳しい業績結果が予想されます。

飛び抜けた増収企業割合のトップは京都府!

2018年〜2019年に渡り、業績比較が可能な会社を都道府県別に調査したところ、増収企業が多かったのは京都府でした。なんと全体の40%である16社が増収したそうです。

京都の業績がよかった理由としては、以下のような要因が考えられています。

  • 訪日外国人数の増加
  • 乗務員の英会話などによるサービス向上
  • 初乗り運賃の改定

他の都道府県の業績が落ち込む中、京都がこれだけの結果を残せたのは、乗務員の教育の強化やインバウンドの需要があったからこそのようです。2020年は新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、世界的に観光客が激減しています。感染を防止すると共に、新しい取り組みにチャレンジする京都のタクシー業界の動向に目が離せません。

参考:株式会社帝国データバンク 「国内タクシー業者 3327 社の経営実態調査(2019 年)」 https://www.tdb.co.jp/report/watching/press/pdf/p200715.pdf

正社員で車を運転する仕事

タクシードライバー

タクシードライバーは、会社によってさまざまな業務内容を担当します。一般的な流しや無線を拾って運転するのはもちろん、観光地の場合、名所を案内する観光タクシーとして働くことも。京都では多くのタクシー会社が、観光タクシーサービスを取り入れています。他にも空港送迎やハイヤーなど、働き方もたくさんありようです。昼のみ・夜勤あり・平日のみなど、勤務スタイルも各社で違いがあります。年収平均は約300万円。歩合制の場合、もっと稼ぐ人もいるとか。

運転代行ドライバー

運転代行ドライバーは、タクシードライバーのように会社の車を運転するのではなく、お客様の車を代わりに運転します。居酒屋でアルコールを飲んだ後、自宅までお客様の車を運転する機会が多いでしょう。運転代行ドライバーは2人1組で仕事します。1人は代行運転し、もう1人は後ろから会社の車で随伴。目的地まで送り届けた後は、随伴ドライバーの車に乗って待機場所まで帰ります。飲酒後の時間が多いため、夜間業務が中心の仕事です。年収は約300万円。

営業

業種問わず、各業界の営業マンは車を運転する仕事の代表とも言えるでしょう。第3者に運転サービスを提供するのではなく、取引先へ向かうために車を利用します。荷物を乗せたり都道府県を超えて足を運んだりなど、広い範囲で活躍するため、車の運転は必須です。車を運転するのがメイン業務ではありませんが、運転頻度が高いため、募集要項に普通自動車免許が必須資格になっていることが多い仕事です。年収は業界によります。

引っ越し屋

中小企業から大手企業まで、幅広く募集しています。引っ越し屋の場合、トラックを運転するため、場合によっては中型や大型免許が必要かもれません。しかし、普通自動車免許で運転できるトラックも多く、はじめは1〜2tトラックを担当するでしょう。引っ越し屋は、車の運転だけでなく、お客様の引っ越し作業も担当します。荷物を運んだり梱包したりなど、接客するシーンも多いでしょう。コミュニケーションスキルも必要な仕事です。年収は約480万円。

運び屋

運び屋は、ダークなイメージがある人もいるでしょう。ジャンルを問わず”モノ”を運ぶ仕事です。軽貨物・チャーター便・アパレル用品など、宅配便や宅急便とは違ったサービスを提供しています。宅配便や宅急便の場合、個人宅へ小規模荷物を配達するサービスが主流ですが、運び屋は業種を問いません。一般的運送会社では依頼できないものを運ぶことが多いでしょう。近隣だけでなく、時には長距離移動することもある仕事です。案件によるため、平均年収は割り出しにくいのが現状です。

トラックドライバー

トラックドライバーは、全国各地の拠点に荷物を届けます。県内の近隣エリアを運転する仕事から、中距離・長距離と会社によっても違いがあるでしょう。自動販売機の飲料を運ぶドライバーや、電化製品を運ぶ仕事まで種類はさまざま。"トラックドライバー=長距離トラック"のイメージがあるかもしれませんが、意外と近距離で夜通し運転しなくてもいい業種もあります。固定給から歩合制までお給料形態もさまざまな仕事です。平均年収は450万。稼ぐ人はもっと上をいくことも。

バス運転士

市内を運転する市営バスや、バスツアーなどの観光バスを運転する仕事です。近年はバスの種類も増え、地方地域を回るコミュニティバスなども増えました。一般的な市営バスはもちろん、高速バスの運転など、仕事の種類もたくさんあります。夜行バスの場合、複数人数で交代しながら運転。チームで仕事をします。バス運転士も職種によっては、昼のみ・夜勤ありなど勤務時間が選べるので、ライフスタイルに合わせながら働けるでしょう。普通自動車免許では運転できず、大型二種免許が必要な仕事です。平均年収は約450万円。

カーレーサー

車を運転する仕事の中でも、特殊な業種です。普通自動車免許とは別に、レースライセンスが必須。ただ運転するだけでなく、1位でゴールできるか?才能・運動神経・技術・経験が必要な仕事です。誰でもなれるわけではなく、一握りだと言われています。年収はトップレーサーになれば数億円稼げるのだとか。技術次第で稼げますが、事故にあったときのリスクはとても大きい仕事です。

テストドライバー

開発段階の車が安全かどうか?を、実際に運転してチェックする仕事です。未発表前の車を運転できるため、車好きの人におすすめでしょう。乗り心地だけでなく、性能や技術的な細かい部分も項目に従ってチェックするのが仕事です。自動車メーカー・部品メーカーが求人募集しているので、テストドライバーの会社ではなく、メーカーに就職します。平均年収は550万円。

自動車学校の教官

自動車免許を取得する生徒に運転の仕方をレクチャーします。繁忙期は就職や進路が決まった高校生や大学生が多いでしょう。AT車はもちろん、MT車やトラックの運転指導もします。時にはバイクの指導教官も務めます。自動車学校には公認・非公認があり、公認指定校の場合は教習指導員資格証が必要です。運転技術だけでなく、学校の先生のように学科指導もします。時には小中学校へ出向いて、交通指導することも。自分で車を運転するシーンは、ほとんどないでしょう。平均年収は400万円。

入社時にもらえる
祝い金が高額な
タクシー会社

をピックアップ

帝産タクシー

祝い金
15万円

働き方
2車3人制
▶休みがとりやすい

ヤサカタクシー

祝い金
10万円

働き方
1車2人制
▶稼ぎやすい

エムケイタクシー

祝い金
12万円

働き方
昼勤/夜勤
▶生活リズムに合わせやすい